人気ブログランキング |
ブログトップ

明るく生くる

自身の日々の様子、杖言葉など。老後が明るい訳がない・・というけれど、にもかかわらず笑う、明るく生くる 時には後ろを振り返って でも前向きに


by wakosaitama
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ダライ・ラマ14世

いつものことながら しばら~く前のことですが
親しい知人から本を貸していただき読みました

「抱くことば」 ダライ・ラマ14世 2006年 イースト・プレス


ダライ・ラマ14世の100のことばと写真が掲載されていました

その中で八つだけ 選んだことばを 記しておこうと思います


1) 私は、16歳で自由を失いました。24歳で、国を失いました。
   この40年、私は亡命者の身です。そして重い責任を担っています。
   振り返ると、私の人生は楽ではありませんでした。
   しかし、私はその年月のあいだにあわれみや他人への思いやりを学びました。

2) 愛情とは他者が幸せを掴むよう望む気持ちです。

3) 自分に親切でなくては、他人にそうあることはできません。
   他人に愛情と優しさを感じ、彼らが幸福で苦しまないことを望むには、
   同じことをまず自分自身に願わねばなりません。

4) 暴力は決して真の力にはならない。私は絶対に非暴力を通します。

5) 私たちの本当の敵は、無知、憎しみ、欲望、嫉妬、傲慢という心の毒です。

6) 日本はすでに、物質面を充実させることには成功した。
   だから、いま本当に真剣に考えるべきことは、精神的な面を深める努力です。 
   いま、このバランスをとっておかないと、多くの人が苦難を経験することになる。

7) 異なる宗教が幸福に共存できるとお考えなのですか?(という質問に)
   一輪でも花は美しい。ですが、花束はもっと美しいでしょう?

8) 私にはみなさんに奇跡を与える力はありません。
   そんな奇跡的な力をもっている人がいるなら、私が助けを求めたいくらいです。

八つ目のことばが なんだかとても人間的な感じがします


本を読んだあと またしばら~くして
まだ少年だった頃のダライ・ラマ14世と ドイツ人のハインリッヒ・ハラーとの交流
を描いた 映画「セブンイヤーズインチベット」 をビデオで観ました

この映画 発表されたのは かなり前 でも観たいと思っていたものです
かなり 遅いゆるいですよね

でも このゆるさが

心には良いかもしれない とも思います
by wakosaitama | 2012-04-19 19:21 | 詩歌・音楽 | Comments(0)