ブログトップ

明るく生くる

自身の日々の様子、杖言葉など。老後が明るい訳がない・・というけれど、にもかかわらず笑う、明るく生くる 時には後ろを振り返って でも前向きに


by wakosaitama
プロフィールを見る

紅葉観れなかった

名古屋に赴任していたときの話ですが
紅葉の名所 香嵐渓(こうらんけい)というところが
豊田市足助町にあると教えてただきました
似た名前で 香落渓(こおちだに、かおちだに)
こちらは 三重県名張市にあるそうですが 行ったことがありません
教えていただいた香嵐渓のほうは 行ってみました

けど 紅葉はすっかり終りのころでした
まあね すごく混雑すると聞いたので
わざと少し時期をはずして行ったものですから

隣接して お寺があり 香積寺(こうじゃくじ)という曹洞宗の古刹
何か 曹洞宗には 割と縁があるかな?
先だっての父の葬儀 家族葬のときに お願いしたのも 曹洞宗のお坊さんでした

香嵐渓には約4000本ものモミジがあるそうですが
この香積寺の第十一世の和尚さんが
般若心経を一巻読み上げるごとに
モミジを一本ずつ植えたのが始まりなんだとか

香積寺のお堂の中で いろいろな書き物があるのを
観ました その時メモしてきたのは


「足ることを知る心

 貧しいことが善でもありません

 豊かなことが悪でもありません

 貧富に関わらず貪欲の心がおこるとき

 人は美しい心を失います

 仏心とは 足ることを知る心のことです」

生前に 父が

   吾
 知   唯
   足

京都の 龍安寺の境内にある つくばい〔手洗鉢〕に記されていて
 http://www.ryoanji.jp/

これは 吾れ唯(ただ)足るを知る って読むんだよって
教えてくれたけど 意味までは教えてくれなくて
父も意味まで 理解していたのか いなかったのか
わかりません

それと もうひとつメモしてきたのは


「不苦者有智 (ふくはうち)

 遠仁者疎道 (おにはそと)

 智恵ある者は苦しまず

 おもいやりのない者は人の道にうとい」


さて 和光市辺りは 紅葉は まだこれからです
[PR]
Commented by suwanagano at 2011-10-23 11:49
ブログ訪問ありがとうございました メールさしあげました よろしくおねがいいたします
by wakosaitama | 2011-10-22 14:48 | Comments(1)