ブログトップ

明るく生くる

自身の日々の様子、杖言葉など。老後が明るい訳がない・・というけれど、にもかかわらず笑う、明るく生くる 時には後ろを振り返って でも前向きに


by wakosaitama
プロフィールを見る

アリは昼光性なんだって

子供の頃は いろんな虫と遊び(^ ^)
アリを踏み潰しても平気だったり(ゴメンね)
土と一緒にシャベルですくって水槽に入れ
アリの巣のできる様子を観察したりしたこともあります
今 家で飼っているのは 「めだか」 ぐらいです
最近は 自然や動物と親しむことが少ないです
できれば虫には 触りたくないくらい(+ +);

10年位前 ベランダの植木鉢でアリが大量に増え
家の中にまで 畳の下にまで 大勢が入り込んできたため
掃除機で吸ったり 殺虫剤をまいて 撲滅(ゴメンね)
それからしばらくはベランダではアリを見かけなかったのですが
新しい植木鉢をもらってくる度に一緒にアリもついてきたらしく
再び見かけるようになりました(o_o)!

ここ和光は 割合と緑も多いので
夏 仕事から歩いて帰るときに 歩道にアリの姿をいっぱい見かけました
下を向いて歩いていると(. .) 子供の頃と違って
アリを踏まないようにと思い 気をつけて歩きます
さすがに 自転車で走っているときは アリを気にしません
歩いていると 見えてしまうので 気になります

秋深まり もうすぐ立冬
日が短くなって 帰り道はもう毎日暗いです
足元も見えないので 前を向いて歩きます(・_・)
歩きながら 夏にいっぱいいたアリさん達はどうしているんだろうと(・_・)?
踏んづけて歩いていないかと気になるものの 暗くて見えないので
そのまま歩き続けます

Yahoo知恵袋で調べてみたら
「アリさんは夜は寝ています。昼行性です。」というベストアンサーが
ありました
どうやら 踏んで歩いてはいないようです(・_・)!
[PR]
Commented by suwanagano at 2009-11-06 23:39 x
ありんこさんを見つめる視線、あたたかいですね
昼行性ですか、知りませんでした
和光の秋は、これからですか? 蓼科とはまた違うのでしょうね まだ暖かいのでしょうね 羨ましい限りです

最近、ちょっと体調を崩し、いつも元気だったのがへこんでしまい、気まで弱くなっておりましたが、すっかり元気となりました
健康であることに、感謝ですね しみじみ
ところで、ここで学生達にもエキサイトブログの開設を勉強がてらさせてみることにしました
エキサイトブログの設定の中のメモ帳で、エキサイト以外の人のブログもリンクできます 近日中に、方法をアップしますので、また、お暇な時に、お気に入りの方のブログ等のリンクに挑戦してみてくださいね では、素敵な週末を!
Commented by wakosaitama at 2009-11-07 14:35
suwanaganoさん こんにちは(こんばんは)!
そちらで雪が降った日は やはり和光も寒風吹いていました
数日寒い日がありましたが きょうあたりは穏やかな暖かい日となりました(気温は23度くらいです)
わたしも風邪っ気が抜けるのに時間がかかっています
秋というのは やはり 気持までせつなくなる季節なのでしょう
寒い時期に向かって 寒暖の差も大きいので 体調管理に気を使いますね 
蓼科の色鮮やかな紅葉の写真も拝見しています とても素敵ですね
北八ヶ岳また訪れてみたいな~っ
あ 伊豆の海ではエチゼンクラゲやマンボウの群れが出現だそうです
東京や和光での紅葉は 例年11月中旬頃のようです

学生さんのエキサイトブログは 「親が知らないわたしたち2009製作日記」とはまた別のものですね 学生さん達の純直なエネルギーでどんなことをしでかしてくれるのでしょう どのような内容か楽しみです

元気を取り戻されたとのことでよかったです! まだまだこれから寒さ厳しくなる折柄どうぞご自愛ください
コメントいただきありがとうございます!
Commented by 港湾人 at 2009-11-07 20:44 x
 こんばんは。アリについて、これまで意識したことは、あまりアリませんでした。次の3点は唯一思い出に残っていることです。
 ①中学校の自由研究で、アリの好みについて調べたことがあります。味、色、音、香り、について調べました。結論から申しますと、甘いものを好むということしか、分かりませんでしたけれど。
 ②オーストラリアで暮らしていたときに、見たこともないくらいの、アリの大群に出くわしました。ありの集団力を感じました。恐ろしいくらいです。家の中でも表れました。申し訳ありませんが、殺虫剤を使ってしまいました。
 ③アリ由来の蟻酸の存在を、貿易の仕事を通じて知りました。健康に良いそうです。
 そして本日、アリが『昼光性』であることを知りました。アリにはもっともっとたくさんのなぞがあることでしょうね。私も外を歩くときは、アリを踏まないように、気をつけて歩こうと思います。
 身近なことから、色々と考えさせてくれる内容の記事でした。
 
Commented by 月のひかり at 2009-11-07 22:48 x
wakosaitamaさん、こんばんは!

すぐ上の港湾人さんのコメントの1行目、
「~あまりアリませんでした」気づかれました?笑笑。

ほんとうに、こどもの頃って、無敵なほどに
いろんな生き物を触ったりしていましたね~!

わたしも今となっては、
触ることもままならないのですが。。

アリの世界を観察、想像される
wakosaitamaさんの、優しいまなざしに感動です☆

アリは夜、寝ているんですね~
初めて知りました!わたし達と一緒ですねぇ♪
Commented by wakosaitama at 2009-11-08 11:14
港湾人さん こんばんは
おなか回復されたご様子なによりです(^ ^)!
アリの生態研究されたんですね わたしはたぬきでした
生物の生態を取材したNHKの番組「ダーウィンが来た」を 時々見ますが 生物の意外な けなげな生き方から学ぶことも 多いなと思います
オーストラリアにいらしたんですか もし昆虫が巨大だったり 集団で来たら やはり 怖いですよね
先日新聞で読んだのは 生物って 結構いい加減にできているそうで アリの社会って女王アリが卵生んで 働きアリがいて っていう完璧な社会構造 かと思ったら そうでもなく まれに働きアリが 卵産んじゃおっかっていうときも あるのだそうです 面白いですね
昆虫は生物の中では最も種類が多いそうで 昆虫とも共存できる環境でないと きっと人間も生きられないのだろうなあと感じます
(映画「風の谷のナウシカ」で取り上げているテーマですね)
蟻酸って 輸入しているんですか? 健康に良い?
飲んだりするのかしらそれとも肌にぬったりするんでしょうか
もしかして お酢と似ているのかな 新たな疑問がわいてきましたので 調べてみましょうか
コメントありガトウゴザイマス(^_^)アリ?
Commented by wakosaitama at 2009-11-08 11:58
月のひかりさん こんばんは

「 すぐ上の港湾人さんのコメントの1行目、
 「~あまりアリませんでした」気づかれました?笑笑。 」
しっかり 気づきました 笑(^_^)笑

こどもの頃って 月のひかりさんも 無敵でしたか
大人になると何が違ってくるのでしょうね
成長するにつれて近視的な見方でなくなる
野生的な部分が減ってくる
文化的な生活に慣れてしまうと小さな虫にも過敏に反応する
(自然を異物と感じる)
のでしょうか
小さい時から虫嫌いな子もいるようですが

夜寝ているらしいことは分かりましたが
全員巣穴の中に入って寝るのかな?
どういう姿勢で寝るのかな?
馬は立ったまま眠るし マグロは泳ぎながら眠るそうで

秋深まりゆく中 謎も深まりました
コメント下さりありがとうございます
by wakosaitama | 2009-11-05 20:14 | Comments(6)