明るく生くる


自身の日々の様子、杖言葉など。老後が明るい訳がない・・というけれど、にもかかわらず笑う、明るく生くる 時には後ろを振り返って でも前向きに
by wakosaitama
プロフィールを見る

タグ:海 ( 14 ) タグの人気記事

中山千夏さんありがとう

足指の骨折は だいぶ良くなってきました
あまり外出もできず 気持ちもヘコんでいていたのですが
なにせ 骨折は初体験ですので 治るまで長い期間がかかると思っていました
が 松葉づえをどうやら手放せるようになってきました

その間 家にいて 買って未読の本のうち 2冊を読むことができました

2冊とも中山千夏さんの著書

c0202934_10295915.jpg
海中散歩でひろったリボン―ボニン島と益田一 単行本 – 2008/2/1刊行
スクーバ・ダイビング入門―海に潜った! 単行本 – 1995/5 刊行

8年遅れと13年遅れで読んだ 汗(^^;

中山千夏さんといえば
私的には子供の頃に観たテレビ人形劇「ひょっこりひょうたん島」の印象が
一番強く残っています

気持ちがヘコんでいたためか 2冊の本を読んで
若い頃は いかに 物を知らなかったか という思いが強くなりました
記憶というのはあいまいなもの
物書きというのは あいまいな記憶を書き留めておき
それをさらに明瞭な言葉にして再現・表現するという
こうも才能のある人なのか と 改めて感じました
でも 私の頭の中のジグゾーパズルを埋めてくれるピースが たくさんありました
つまり 私の知りたかったことが載っていたり 知識の欠落をも補ってくれました

当然ですが 私のジグゾーパズルのピースではないものもありました
つまり 私には縁のなかった部分
でも それらは 狭かった私の世界を少し拡げてくれました

ほかにも いろいろ思うことはあるのですが
多くは書かず ここまでにとどめておきます

中山千夏さん ありがとう




-----

[PR]
by wakosaitama | 2016-10-11 10:44 | 海・生物 | Comments(1)

引用ですが


「ゾウの時間ネズミの時間ーサイズの生物学ー」(本川達雄著、中公新書)

を読みました
もっと早く 10年前に読んでおけばよかったと 後悔のような思いを感じます
海の仕事から離れて久しく 海の関係の本も 生物関係の本も 
全然読んでいませんでした
この本を読んで 今まで頭の中でもやもやしていた いくつもの 疑問が 
氷解というか 眼からうろこが落ちるようなという感じがしました

仕事勤めをしながらでは 本を読む時間もなかなかとれず 
しかたなかったとも思いますが
また 海や生物のことも 昔ではわからなかったことが 
時代が経つにつれてわかってきたということもあるでしょう

とても面白く読ませていただきました

あとがきから少し引用して 一応 まとめ としたいと思います

「本書を執筆の途中で、沖縄から東京に引っ越した。人の歩く速度が違う。しゃべる速さが違う。物理的時間にきつく縛られた都会人の時間が、はたしてヒト本来の時間なのかと、疑問に感じてしまう。
 沖縄からの飛行機が近づいていくと、東京方面に灰色のかたまりが浮いて見える。これに突入すると、そこが羽田だ。タラップを降りて見上げる空は、えもいえず、もやーっとしている。たしかに東京にいは空がない。空を見上げる気にもなれない。空を見ていた目が行き場所を失い、自分の頭の中を見つめはじめる。
 生き生きとした自然に接していないと、人間はどうもすぐに頭の中を見つめはじめ、そして抽象的になっていくもののようだ。抽象的になりはじめると、とめどなく思考のサイズは大きくなり、頭でっかちになっていく。
 都会人のやっていることは、はたしてヒト本来のサイズに見合ったものだろうか? 体のサイズは昔とそう変わらないのに、思考のサイズばかり急激に大きくなっていく、それが今の都会人ではないだろうか。体をおきざりにして、頭だけどんどん先に進んでしまったことが、現在の人類の不幸の最大の原因だと私は思っている。」
[PR]
by wakosaitama | 2015-02-11 08:12 | 海・生物 | Comments(0)

もう一人の師匠

益田一師匠が亡くなってから8年目となった昨年の11月に
小田原の神奈川県立生命の星・地球博物館にて
「益田 一 と日本の魚類学 ~魚類図鑑に生涯を捧げたDANDY~」 という特別展が催されました

開催されていることは知ってはいたのですが 海の仕事から離れて久しいので
見にゆきませんでした

年末に 同博物館のホームページを眺めていたら 興味が湧いてきて 展示解説書があることがわかり 入手しました

c0202934_920316.jpg


師匠のもとを離れて以降は どのような活動をなさっていたのか 知らなかったので 理解を深めることができました

また 世に広くは知られていない 師匠の素顔の部分を あらためて知ることができました

私にとっては どんな人だったかというと 師匠と会話をしているときの印象ですが
カメラのストロボ フラッシュのような人だったという印象があります
会話している相手に カメラのストロボ フラッシュの光を 当てて
話の内容と 話相手の姿を 鮮明に映し出すような そんな力がある人のように思えました

師匠と過ごした期間は短いものでしたが 学んだことは とても多かったと思います
私自信の不勉強ゆえに それらのすべてを吸収することは できていませんけれど 


ご興味のある方のために:

同博物館のホームページ こちら

特別展の案内のページ こちら
展示解説書の目次もリンクしておきましょ こちら

(リンク切れになってしまったらご容赦ください)
[PR]
by wakosaitama | 2014-01-26 09:43 | Comments(0)

ハリセンボン



とあるところで サンシャイン水族館の出張展示を
みつけました

泳いでいるのは ハリセンボンや ルリスズメ
それと コガネスズメかな?


c0202934_18435718.jpg

[PR]
by wakosaitama | 2012-04-07 18:45 | 写真 | Comments(0)

海中からお届けっハート!

綺麗な映像があったので ちょっとリンク しときます

よろしければ 覗いてみてください

写真
 ↓
http://blog-imgs-19.fc2.com/i/o/p/iopstaff/Vt.jpg

http://iopstaff.blog20.fc2.com/
[PR]
by wakosaitama | 2012-01-28 17:47 | Comments(4)

となりは何を

秋深し となりは何を する人ぞ   芭蕉

この句は 芭蕉が 起きている状態で作った 最後の句

なんですって

へーっ

そんなことは どうでもいいや

早く 秋が深まってくれ~~

(^ ^;


アネックス(別館)更新しましたー

よかったら ご覧くださいませ
[PR]
by wakosaitama | 2011-09-10 07:05 | 詩歌・音楽 | Comments(0)

突然ですが偶然です

きょう アネックスに書いた 水族館「アクアマリンふくしま」のことが
ニュース7で流れていました
鴨川シーワールドに避難していた ゴマフアザラシのクララが
生まれて2ヶ月の赤ちゃんアザラシと一緒に ふくしまに
戻ったそうです
水族館も 7月から再開することになったそうです

ガンバッペふくしま!
少しずつでも 復興への歩みを 祈ります 
[PR]
by wakosaitama | 2011-06-26 20:16 | Comments(0)

アネックス更新しました

梅雨に入り きょうは くもっていて それほど気温は高くないです
少し蒸している感じ 半袖でいられる ような日です
夏に向かって 日差しを反射する素材のすだれなど買ってきて
あるのですが まだ 取り付けてない


アネックス 海日和で~す 更新しました


ご用とお急ぎでない方は どうぞ お立ち寄り下さいませ
[PR]
by wakosaitama | 2011-06-05 11:47 | Comments(0)

ブログのアネックス

脈絡なく 老人と海などというタイトルで
いくつか記事を書きましたが
FC2のブログでアネックスを立てました

海日和(うみびより)で~す
http://umiinamii.blog27.fc2.com/


なんの目的で?

ひみつ!

なんちゃって
ブログを書くことは 頭の中を 外に出して(精神の外在化)
自分を 客観的にみる練習になります

アネックスには 過去に経験や勉強したことなどを
もう一度勉強し直すようなつもりで
主に 自然 海 さかな のことなどを中心に書いて
みようと思います

要は 頭の中の片付け と 言えるでしょうか

そうするとどうなるの?片付けることが目的なの?



だから目的は ひ み つ!


ではなく


内 緒 !



いまのブログはどうするの?


あいかわらず お気楽気ままブログ です
[PR]
by wakosaitama | 2011-05-15 08:49 | Comments(0)

老人と海 -わたしの記憶が確かなら- (2)さかなの名前(その2)

フチドリタナバタウオ、フリソデウオ、リボンスズメダイ
といったさかなは、綺麗そうな感じがする名前ですねー。

さて、普段わたしたちが呼んでいるさかなの和名のほかに
英名と学名を調べてみることにします。

真鯛(マダイ)は、英名 Red seabream、学名 Pagrus major
 スズキ目・タイ科のさかなです。

真鯖(マサバ)は、英名 Mackerel、学名Scomber japonicus
 スズキ目・サバ科のさかなです。

真鰯(マイワシ)は、英名 Sardine、学名 Sardinops melanostictus
 ニシン目・ニシン科のさかなです。

さかなではありませんが、
朱鷺(トキ)の学名は、Nipponia nippon コウノトリ目トキ科の鳥
人(ヒト)の学名は、Homo sapiens 霊長目ヒト科の人間
向日葵(ヒマワリ)の学名は、Helianthus annuus キク目キク科の植物

このように、さかなだけでなく、生物には、みな学名が
付けられています。
学名は、二命名法(にめいめいほう)という国際的なきまりに
したがてラテン語で命名されてきました。
二つというのは、属と種の二つです。
つまり、(属名)○○○ +(種名)○○○というように。

例えば、
チョウチョウウオは、スズキ目チョウチョウウオ科で、
チョウチョウウオ属ですので、学名も、属の部分は同じですが、
種類によって、種の名前が違っています。

チョウチョウウオ属は みんなChaetodon(キートドン)
チョウチョウウオは、Chaetodon auripes
ウミヅキチョウチョウウオは、Chaetodon bennetti
セグロチョウチョウウオは、Chaetodon ephippium
スダレチョウチョウウオは、Chaetodon ulietensis

といったぐあいです。

でも、ラテン語だと、意味がわからなーい。
確かに・・・。
でも、勉強すれば、ラテン語わかるようになります。
・・・よね。

ラテン語はローマ帝国の公用語だったそうです。




(コメント・ご批判又は批正をいただけると嬉しいです。)
[PR]
by wakosaitama | 2011-04-30 20:17 | Comments(0)
カテゴリ
ninja2
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
お気に入りブログ
excite以外のお気に入りブログ
 ☆感性でつづる日記
 ☆港湾人
 ☆ただいま妄想中
 ☆水引きままにPhoto
 ☆beadslab_log
 ☆Kawamoto K.のブログ
 ☆こんまりさん

別館
 ☆海日和(うみびより)で~す
 ☆今日の海況・海水温 (伊豆海洋公園ダイビングセンター)
 ☆海上保安庁 (潮汐ほか)

お気に入りHP
 ◇ペンション ピラタス
 ◇中西俊博 公式HP
 ◇伍芳 official web site
 ◇楽道庵ホームページ
 ◇無相庵(唯識)
 ◇行行寺(父島)
 ◇スイスのニュースと情報
 ◇MOTTAINAI
 ◇片づけコンサルタント近藤麻里恵オフィシャルHP
 ◇こよみのページ
 ◇日本正座協会
 ◇姿勢インフォメーション
 ◇バレリーナへの道程
 ◇バレエのリンク集 ++ バレエリンク
 ◇バレエリンク集
 ◇BALLET GATE
 ◇Ballet Navi
 ◇マリインスキー劇場(キーロフバレエ)
 ◇ボリショイバレエ
 ◇ミハイロフスキー劇場(旧レニングラードバレエ)

 ◇ウクライナ国立歌劇場(キエフ)
 ◇モスクワ音楽劇場
 ◇パリ国立オペラ(オペラ座)
 ◇ローラン・プティ・マルセイユ・バレエ
 ◇ベジャールバレエローザンヌ
 ◇ロイヤルオペラハウス(ロイヤルバレエ)
 ◇アメリカンバレエシアター
 ◇ニューヨークシティバレエ
 ◇シュトゥットガルトバレエ
 ◇ハンブルクバレエ
 ◇ネザーランド・ダンス・シアター
 ◇フォーサイスカンパニー
 ◇ミラノ・スカラ座バレエ
 ◇オーストラリア・バレエ
 ◇トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団(ニューヨーク発・男性だけのコメディバレエ団)

 ◇都をどり
 ◇ちょこっと日本舞踊

 ◇富士屋ホテル
 ◇金谷ホテル
 ◇万平ホテル
 ◇奈良ホテル
 ◇帝国ホテル
最新の記事
和光市(その9?)
at 2017-12-16 16:04
at 2017-12-14 18:39
しんみんさん
at 2017-11-29 18:03
光のトンネル
at 2017-11-11 07:15
富士山で初雪化粧
at 2017-10-26 18:56
最新のコメント
コメントを拝見しました。..
by イリオモテヤマブタ at 13:19
「怒って殺せぬものは笑え..
by Kawamoto.K at 20:44
イリオモテヤマブタさん ..
by wakosaitama at 23:53
Kawamoto K.さ..
by wakosaitama at 23:28
写真を拝見しました。上の..
by イリオモテヤマブタ at 12:48
最新のトラックバック
検索
タグ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル