タグ:地球 ( 2 ) タグの人気記事

地球は共存共貧システムだって(その3)

名乗るほどの者ではないさんへ

「有限の生態学」を読むことができましたので嬉しいです!
ありがとうございました

気ぜわしい年末に入る前に読み終わっていたものですが
レポが 今になってしまいました 

下手な感想を書くよりも と思いましたので・・・
あとがきより引用です

「今から20年以上も前、私は竹の切り株や墓地の花立のような
竹筒の中の汚水に棲む生物について、さまざまな研究をしていた。
この研究の一環として、原生動物とバクテリアの相互作用を
しらべるために、竹の煮汁をガラス瓶に入れて放置しておいた
ことがある。瓶を黒紙でおおって光を当てないでおくと、竹筒の
中と全く同じ原生動物やバクテリアが発生するが、光を当てて
おくと、そのほかにクロレラ、らんそう、ワムシがつぎつぎと
発生して、最後には安定した生物群集が形成されることに気が
ついた。こんな些細な経験がきっかけになって、研究はその後
紆余曲折しながらも現在までつづいているが、Ⅰ章の「フラスコ
の中の自然」は、これら一連の研究のうち、主に数年前までの
成果を紹介したものである。
 フラスコの中の生物群集は平衡状態に達すると、カプセルで
おおって気圏から隔離しても同じ状態を保ちつづける。このことは
フラスコの中が動物、植物、微生物からなる自給自足系になった
ことを意味する。

 さて、1960年頃、アメリカではアポロ計画に刺激されて、
宇宙ロケットにおける生命維持システムの開発が魅力的なテーマ
になっていた。「フラスコの中の自然」と宇宙船----その中に
棲む生物はちがっていても、ともに閉鎖生態系であることには
かわりがない。今から10年ほど前の滞米期間中に、こんなきっかけ
で行なった生態系合成の研究は、Ⅲ章の「宇宙基地物語」の根幹に
なっている。
 一方、1950年以降に、ルーメンの中に棲む原生動物とバクテ
リアが、ウシの生命維持に決定的な役割をはたしていることがわか
ってきた。私にとってルーメンの原生動物とバクテリアの相互作用
は、かつて竹筒の中での原生動物とバクテリアの相互作用を研究
してきたこともあって、きわめてなじみ深いテーマに思えた。
しかし私に今もってルーメンに興味をもちつづけさせているのは、
1965年から1967年にかけて、イギリスで行なったルーメン
微生物学に関する一連の研究に負うところが大きい。Ⅱ章の「ウシ
の胃の中の世界」は、この時の研究と比較的最近の研究の概要を
述べたものである。

 今これらの研究をふりかえってみると、共通したテーマとして、
いずれも境界をもった有限の生態システムにおける、生物たちの
安定と共存のしくみを志向してきたように思われる。この本の書名
を『有限の生態学』としたのは、このような背景にもとづいている。
 さて、この課題は、いうまでもなく生態学における最も基本的な
テーマであり、さらに人間を生態システムの一員に組み入れるならば、
それは有限の自然における人間の存在様式にかかわる深遠な課題とも
いえる。Ⅳ章の「安定と共存のシステム」は、このような視点に立って、
三つの研究を総括したものである。」


「有限の生態学 -安定と共存のシステム-」

栗原 康著、岩波新書(1975年)
[PR]
by wakosaitama | 2011-01-15 19:01 | Comments(0)

地球は共存共貧システムだって


格差社会 貧困 といった言葉を 最近よく耳にします

さて 大学の時の生物学の授業で 先生が 「共存共貧」という話をされていたことを
二十数年経ったいまでも 何か深い言葉として よく思い起こすことがあります

ネットで共存共貧という言葉を検索してみましたが それらしいヒットは
あまり見当たらない中で
長野市立博物館のホームページで「共存共貧」に関する記事をみつけました

10周年記念講演会「水と緑と」と題された博物館長さんの記事です

最初に 天文学に対しての「水文学」 地球上の水循環に関して書かれています

「万葉のそのまた昔から水はもうなくなった、と聞いたことはありません。
 それは水が常に循環しているからです。このように、有限と無限の接点は循環しか
 ありません。
 こうして水は「循環」という有限社会の進むべき道の一端を私供に示して
 くれているようです。
 輪廻転生の考え方を知っている日本は、本来この循環はお手のものの筈です。」

そして 水循環にとって緑(森林)の果たす役割は極めて大きいと

「この水循環にとって緑の果たす役割は極めて大きいようです。
 森林は日本国土の約68%を覆っています。
 「文明の前に森林があり、文明の後に砂漠が残った」とよく言われます。
 この文明とは或る意味では便利さのことであって、生命を物質に変えること
 によって成り立ってきました。」

最後に

「この緑(葉緑素を持つ植物)は太陽からの物理的エネルギーを化学的エネルギー
 として蓄える能力(同化作用)を持っています。地球上の何処かから原料を輸入
 して加工するのではありません。地球の外からのエネルギーを固定しているので
 す。この固定された太陽エネルギーは自然界における物質循環系の根底をなして
 います。その上に成り立つ喰う、喰われるの食物連鎖のピラミット構造の中では
 特定の生物だけが殖え続ける訳にはゆかず、共存共貧システムをなしています。」

 「またシステムを構成する各要素にはマイナスのフィードバックがかかって安定性
 が保たれるようになっています。更に、種の多様性によって物質循環系の信頼性
 が保たれているのです。こうして「共存共貧システム」、「安定性」、「信頼性」
 等は前に水から学んだ「循環」と並び、これからの社会のあり方に大切な示唆を
 与えているのではないでしょうか。」

ふ~ん
わたしたちの住んでいる 地球は 共存共貧システムなんだ

きょうNHKの特報首都圏という番組では「社会的企業(ソーシャルビジネス)」を
立ち上げようという若者が増えてきているという話でした
利益優先だけではなく 社会の役に立つビジネスを展開すること
だそうです
ビジネスってもともと社会の役に立つ仕事を言うのかと思ってましたが
企業というと 利益優先にせざるを得ないところもあるのでしょう

でも 共存共貧システムの中では
利益追求には限界がある
どこかにしわよせ つまり格差が 生じるわけだ と 感じます
やはり 分け合って生きる必要がある と
[PR]
by wakosaitama | 2009-11-13 20:44 | Comments(5)