カテゴリ:こんなん買ってみた( 1 )

「赤毛のアン」を読み終えて

c0202934_13383731.jpg


いまさら 英語の勉強をしても しょうがないかもしれませんが
英単語を聞き流すCDをしばらく試していました

少し欲が出てきて 物語の朗読CDはどうかなと思い 見つけたのが
 「Anne of Green Gables」(Focus on the Family社刊)
朗読ではなくて ラジオシアターです
結果 場面や情景やあらすじは分かるものの 知らない単語は聞きとれません
まあ 聞き流すのが目的なので ふとんに入って眠り薬代わりに聞いているようなところです

で また少し欲が出て せめて 日本語の本で内容を読もうと思い
近所の図書館で「赤毛のアン」を借りて読み終わりました

CDのほうは まだ 3枚セットのま2枚目までしか聞いていません
わたしが借りたのは せっかくなので村岡花子さんの訳のもの
NHKの朝ドラで「花子とアン」をやっていた その余波だと思いますが
ほかの訳者の版のものも含めて図書館では ほとんど貸し出し中という表示になっていました

アンのおしゃべりな様子がこの「赤毛のアン」の物語に引き込まれる第一番の
魅力に違いないと思いますが・・・
下手な感想を述べるのもどうかと思いますので 物語の最後のほうの一部を
書き留めておくだけにします  


(マリラ) マリラは夢を見ているような顔をして聞いていたが、
「そんなことはできないよ、アン。わたしのためにあんたを犠牲にするなんて」

(アン)「とんでもない。ちっとも犠牲じゃないことよ。いままでどおり勉強はつづけていくし、
とにかくこの大事なグリン・ゲイブルズを守っていきましょうよ。ああ、いろいろなことを
計画しているのよ、マリラ。いい先生になろうと思っているの。あたしがクイーンを出てくる
ときには、自分の未来はまっすぐにのびた道のように思えたのよ。いつもさきまで、ずっと
見とおせる気がしたの。ところがいま曲り角にきたのよ。曲り角をまがったさきになにが
あるのかは、わからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの。それに
はまた、それのすてきによいところがあると思うわ。その道がどんなふうにのびているか
わからないけれど、どんな光と影があるのか-----どんな景色がひろがっているのか-----
どんな新しい美しさや曲り角や、丘や谷が、そのさきにあるのか、それはわからないの」
[PR]
by wakosaitama | 2014-11-30 13:42 | こんなん買ってみた | Comments(0)