カテゴリ:海・生物( 2 )

中山千夏さんありがとう

足指の骨折は だいぶ良くなってきました
あまり外出もできず 気持ちもヘコんでいていたのですが
なにせ 骨折は初体験ですので 治るまで長い期間がかかると思っていました
が 松葉づえをどうやら手放せるようになってきました

その間 家にいて 買って未読の本のうち 2冊を読むことができました

2冊とも中山千夏さんの著書

c0202934_10295915.jpg
海中散歩でひろったリボン―ボニン島と益田一 単行本 – 2008/2/1刊行
スクーバ・ダイビング入門―海に潜った! 単行本 – 1995/5 刊行

8年遅れと13年遅れで読んだ 汗(^^;

中山千夏さんといえば
私的には子供の頃に観たテレビ人形劇「ひょっこりひょうたん島」の印象が
一番強く残っています

気持ちがヘコんでいたためか 2冊の本を読んで
若い頃は いかに 物を知らなかったか という思いが強くなりました
記憶というのはあいまいなもの
物書きというのは あいまいな記憶を書き留めておき
それをさらに明瞭な言葉にして再現・表現するという
こうも才能のある人なのか と 改めて感じました
でも 私の頭の中のジグゾーパズルを埋めてくれるピースが たくさんありました
つまり 私の知りたかったことが載っていたり 知識の欠落をも補ってくれました

当然ですが 私のジグゾーパズルのピースではないものもありました
つまり 私には縁のなかった部分
でも それらは 狭かった私の世界を少し拡げてくれました

ほかにも いろいろ思うことはあるのですが
多くは書かず ここまでにとどめておきます

中山千夏さん ありがとう




-----

[PR]
by wakosaitama | 2016-10-11 10:44 | 海・生物 | Comments(1)

引用ですが


「ゾウの時間ネズミの時間ーサイズの生物学ー」(本川達雄著、中公新書)

を読みました
もっと早く 10年前に読んでおけばよかったと 後悔のような思いを感じます
海の仕事から離れて久しく 海の関係の本も 生物関係の本も 
全然読んでいませんでした
この本を読んで 今まで頭の中でもやもやしていた いくつもの 疑問が 
氷解というか 眼からうろこが落ちるようなという感じがしました

仕事勤めをしながらでは 本を読む時間もなかなかとれず 
しかたなかったとも思いますが
また 海や生物のことも 昔ではわからなかったことが 
時代が経つにつれてわかってきたということもあるでしょう

とても面白く読ませていただきました

あとがきから少し引用して 一応 まとめ としたいと思います

「本書を執筆の途中で、沖縄から東京に引っ越した。人の歩く速度が違う。しゃべる速さが違う。物理的時間にきつく縛られた都会人の時間が、はたしてヒト本来の時間なのかと、疑問に感じてしまう。
 沖縄からの飛行機が近づいていくと、東京方面に灰色のかたまりが浮いて見える。これに突入すると、そこが羽田だ。タラップを降りて見上げる空は、えもいえず、もやーっとしている。たしかに東京にいは空がない。空を見上げる気にもなれない。空を見ていた目が行き場所を失い、自分の頭の中を見つめはじめる。
 生き生きとした自然に接していないと、人間はどうもすぐに頭の中を見つめはじめ、そして抽象的になっていくもののようだ。抽象的になりはじめると、とめどなく思考のサイズは大きくなり、頭でっかちになっていく。
 都会人のやっていることは、はたしてヒト本来のサイズに見合ったものだろうか? 体のサイズは昔とそう変わらないのに、思考のサイズばかり急激に大きくなっていく、それが今の都会人ではないだろうか。体をおきざりにして、頭だけどんどん先に進んでしまったことが、現在の人類の不幸の最大の原因だと私は思っている。」
[PR]
by wakosaitama | 2015-02-11 08:12 | 海・生物 | Comments(0)